素敵なブログ

楽しい記事を通して色んな商品を紹介しま~す!

原田元社長が当時マクドナルドから追い出した幹部の末路wwwww

   

原田元社長が当時マクドナルドから追い出した幹部の末路wwwww

1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! 中年’sリフト(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/05/22(日) 16:32:58.19 ID:Bh7UHMCl0●.net
20140327beness

原田元社長が当時マクドナルドから追い出した幹部らの現在:

・村尾泰幸→バーガーキング社長

バーガーキング/新社長に元マクドナルド取締役の村尾泰幸氏
2014年01月31日

■略歴
氏名:村尾泰幸、
1958年10月8日:大阪府生まれ
1981年3月:奈良大学文学部卒
1981年4月:日本マクドナルド入社
2006年9月:執行役員
2010年3月:取締役上席執行役員・直営本部長
2012年3月:日本マクドナルド退職
2012年7月:シダックス取締役
2012年10月:シダックス・コミュニティー代表取締役常務
2013年9月、シダックス・コミュニティー退職
http://ryutsuu.biz/strategy/g013117.html

・友成勇樹→モスバーガー会長


中央大学杉並高等学校17期生。日本マクドナルド社に入社後、米マクドナルドにて”ハンバーガーユニバーシティ”日本人初のプロフェッサーに就任。マネジメントとトレーニングの教鞭をとりつつ、世界のマクドナルドを統括する国際部に勤務。

帰国後、英国最大のサンドイッチチェーン、プレタマンジェの代表取締役に就任。その後、デリカテッセンのチェーン、ナチュラルビートを始め、様々な会社やレストランをプロデュースしている。現在、レタス&Co.,代表取締役、モス・ダイニング代表取締役会長。

http://chusugi53rd.blog.jp/archives/cat_944235.html

・紫関修→フレシュネスバーガー社長

(株)フレッシュネス 代表取締役社長 紫関 修氏

―― 豊富なキャリアをお持ちです。

紫関 1985年3月に青山学院大学法学部を卒業して、東急グループの東急ホテルチェーンに入社しました。しかし30代を目前にして、バンケット担当の受付を最後に会社を退職し、ボストン大学に入学しました。MBAを取得するためです。MBAを取得した後、94年に今の日本総合研究所の前身であるさくら総合研究所に入社。2年半ほどコンサルタント業務を行い、97年に日本マクドナルド(株)に入社しました。
 05年にはゼビオグループの(株)ゴルフパートナーで取締役副社長に就任し、10年にゼビオの執行役員とヴィクトリアの取締役などを兼務しました。そして、昨年3月にフレッシュネスの親会社である(株)ユニマットホールディングに入社し、今年4月にフレッシュネスの社長に就任しました。

―― 同業の日本マクドナルドで8年の経験がありますが。

紫関 藤田田社長が現役であった97年に経営企画の主任待遇で入社しました。当時は年間に450店を出店するという成長期であり、現社長である原田社長とも2年くらいは戦略立案などを一緒に行いました。彼は非常に論理的な人であり、2年間で立てた戦略はこの10年間、筋書き通りに進んでいます。
 日本マクドナルドにおける8年間は有意義でした。向こうの戦略が手に取るようにわかりますので、当社が差別化するための参考になります。日本マクドナルドは執行役員手前の経営企画部長の時に外部からの誘いがあり、ゴルフパートナーに入社しましたが、マクドナルドで執行役員をやるのと上場を目指している企業の取締役のどちらかに決めるというときに、給料は下がっても新天地でチャレンジしようと思いました。
http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=788

・臼井興胤→コメダ珈琲店社長

臼井 興胤(うすい おきたね、1958年10月31日 – )は日本の実業家。日本マクドナルド株式会社最高執行責任者、株式会社セガ代表取締役社長、米グルーポン社東アジア統括副社長を経て、現在、株式会社コメダ代表取締役社長。

三和銀行企画部勤務を経て、1993年セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)入社、1997年セガ取締役コンシューマー事業本部副本部長。1999年セガ退社。インターネット・バブル下でのベンチャーキャピタルを経て、2002年ナイキジャパンエクイップメント本部長、2003年ナイキジャパン営業リテール統括本部長。2006年日本マクドナルドCOO(最高執行責任者)。2007年にセガに再入社し顧問、専務取締役AM統括本部長就任。

2008年里見治・セガ社長CEO兼COOがセガサミーホールディングス会長兼社長としてグループ全体の経営に専念するためセガ社長兼務をやめて会長CEOとなったため、その後任として、セガ代表取締役社長COOに就任。

2012年にセガ社長を退任し、同年6月1日に米グルーポン社東アジア統括副社長に就任[5]。2013年7月1日株式会社コメダ社長に就任[6]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/臼井興胤

・興津龍太郎→すき家社長

昭和54年4月日本マクドナルド㈱入社
平成10年3月同社中央地区本部営業部長
平成14年6月日本プレタ・マンジェ㈱取締役営業本部長
平成16年12月㈱ゼンショー入社グループ営業企画室長
平成17年12月同社すき家事業本部長
平成18年6月同社取締役すき家事業本部長
平成18年8月同社取締役(現任)
平成18年8月㈱GMフーズ代表取締役社長
平成18年10月大和フーヅ㈱常務執行役員管理本部長
平成19年6月取締役管理本部長
平成19年10月代表取締役社長
http://ijin.keieimaster.com/new/2007/902.html

みんな飲食チェーンの社長になっとる

崖っぷちマクドナルドが大物OBに復帰のラブコールも無情の“NO”!

では今、マックに何が必要なのか? 外食ジャーナリストの中村芳平氏は言う。

「藤田田さんのような強力なリーダーシップを持った経営者です」

今さらな話ではあるが…実際、そこでマック内部でも水面下でカサノバ社長の後任探しが進められているという。

「この10年ほどの間でマクドナルドを退社し、他の外食チェーンに転職した元幹部を呼び戻そうとする動きがあります」(前出・中村氏)

その背景にあるのは“壊し屋”の異名を持つ前CEO・原田泳幸時代の経営改革だ。在任中(2004年2月~2015年3月)、らつ腕をふるって脱・藤田路線を突っ走り、藤田時代の生え抜き幹部を一掃、外部人材の登用に力を注いだ。その過程で「原田氏と意見が対立し、会社を去った幹部は何人もいる」と中村氏は話す。
http://wpb.shueisha.co.jp/2015/07/06/50316/2/

ベネッセ再生、原田流で「難問」解けず

 ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長が11日、突然退任を表明した。原田氏の経営者としての足跡から考えると「3期連続の減収減益見通しの責任をとる」という理由はあまりにきれいすぎる。もやもや感が残る退任劇。ただアップルやマクドナルドで辣腕を振るった同氏の“成功方程式”ではベネッセ再生という難問を解けなかったことだけは即答できる。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO02299820T10C16A5H11A00/

2: フルネルソンスープレックス(庭)@\(^o^)/:2016/05/22(日) 16:33:55.59 ID:lgcMzShz0.net
>>1
キングボンビー原田

5: ローリングソバット(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/05/22(日) 16:35:33.20 ID:/k+5Hwr00.net
無能が有能な部下を切って自己保身してたわけか

6: ミッドナイトエクスプレス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/05/22(日) 16:35:33.50 ID:yi5uK51k0.net
救世主現る

続きを読む

 - Uncategorized